お金と人

自転車保険とは自転車に乗っている時の自転車事故の中の対人事故や対物事故による怪我や歩行中に自転車に追突された事による怪我に至るまで補償を行ってもらえる保険です。
自転車保険には家族型と個人型が存在し保険適用対象者が家族に及ぶものか個人だけなのかの違いがあります。
保険料に関しては月額数百円のところが多く手頃な保険料で加入が可能でありいざという時の為の備えとして便利なものといえます。
自転車保険というものは自動車の自賠責保険と異なり強制加入ではないので出費がない便利な乗り物と思われがちですがもし未加入のままで万が一自転車事故に遭遇してしまうと実費となるケースが多くとても最良の選択とは言い難いといえます。
自転車事故と自動車事故を比べると確かに自動車事故の方が重大な事故に発展しやすいですが加害者として自転車と人との接触事故を起こしてしまった際、場合によっては重篤な症状を与えてしまう可能性があるのでそのようなリスク軽減の目的の為に加入する事も一つの手段です。
さらに夜間は障害物が見えにくい環境である為、ガードレールや電柱やポールなどに衝突して単独自転車事故を起こす予測も出来るのでもしもの時に便利です。
自動車保険より自転車保険の方が先ほど挙げた強制加入ではないという理由によりあまり普及していなく内容などが周知されていないのが現状である為、その時に役に立つのが専用の相談窓口となります。
相談窓口では補償内容などを詳しく説明してくれるだけでなく保険会社によっては独自に相談窓口を設置しており、さらに様々なオプションサービスが存在するので自分にあった補償内容にする事が出来るのも相談による効果といえます。

事故イラスト

自転車は手軽な乗り物である反面かなりのスピードを出すこともでき、もし人とぶつかると相手に大ケガをさせてしまう可能性がある大変危険な面も持っています。
昨今、自転車事故による重大なケガや死亡に至るケースで多額の賠償を負担する事例が発生しています。
通勤通学や日常生活で自転車を利用している方すべてが加害者になりうるリスクを持っていますから、いざという時のために自転車保険に入っておくのが安心です。
自転車保険は強制的な保険ではなく任意保険ですから、自分で検討して決めなくてはいけません。
しかし自転車保険は多くの保険会社が扱っており、どれにしたらいいか迷ってしまいます。
比較のポイントは月々の保険料と保障内容です。
本人への保障なども重要ですが、もっとも重視しなければならないのは被害者に対する賠償額です。
実際に裁判で1億円近い賠償を命じられた自転車事故もありますから、十分な保障のある保険を選びたいものです。
申し込みは保険会社各社や保険ショップ、コンビニでも取り扱いをしており、インターネットで比較情報を調べられるサイトもあります。
実際に自転車事故を起こしてしまった場合に相談できる窓口もあります。
相談員には主に弁護士や行政書士の方があたられ、過失割合や治療費について、また相手との交渉の仕方など、解決までのサポートをしてもらえます。

相談

みなさんは自転車保険に加入していますか?自動車保険と異なり、「ムリして入る必要はないか」と思われていませんか。
運転免許は不要ですが、自転車は軽車両の一つですから、自転車保険のように任意であっても何かがあった場合を考えて、加入しておいた方が安心です。
自転車保険に加入していた方が安心な理由は、自転車事故が起きた場合に対人であれ対物であれ、必ず損害賠償が起こりうるからです。
強制保険がある自動車は、事故が起きた際の保障があらかじめある程度確保されていますが、自転車の場合は任意で自転車保険に加入していなければ、自転車事故を起こした際に、充分な保障を受けることができません。
また、自転車事故に限らず事故が起きた場合、多くは事故のショックからパニック状態になり冷静な判断が出来なくなりがちです。
そんなとき、今後の対処について冷静に指示をしてもらえる、気軽に相談できると、落ち着いて行動することが出来ます。
事故が起こらないということがベストではありますが、いつ起こるかわからないのが事故と言うものです。
そのため自転車事故が起きた場合を想定して、あらかじめ相談できる窓口を確保しておくという意味でも、保険に加入しておくことが大切です。
どの保険を選ぶかについては、事前に情報を収集し、相談に親身に答えてもらえるか、相談窓口はどこにあるのか、補償内容はどうか、保険料はどのくらいかなど総合的に比較検討することが必要です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031